看護師

腎臓病の疑いを晴らしましょう|早期の発見で解消

機能低下を防ぐ

カウンセリング

人工透析を行う

腎臓病は、体内の老廃物の除去や水分量の調節など体の健康を維持する臓器の一つである腎臓の働きが低下することです。腎臓は機能が一度低下すると元の状態に回復することが出来ないので、老廃物の処理や水分の調節が出来なくなるので体の中に毒素が溜まることになります。体の中に毒素が溜まると健康にも悪影響が出るので、透析療法を行って人工的に老廃物をうまく排出できるようにします。必要であれば腎臓移植を行うこともありますが、透析療法を行うことで病気の進行を防いで発病前のように快適な生活をすることも可能になります。腎臓病は発症しても自分で自覚出来る症状がほとんどないので、定期的な健康診断を受けて発見する必要があります。

生活習慣の向上

腎臓病は心筋梗塞や脳梗塞とも関係が深く、腎臓病になって老廃物が溜まりやすくなることで血管の状態が悪くなり血液が流れにくくなるからです。腎臓の機能を低下させないためにも、二次的な病気の被害を防ぐにも、病院での薬物治療の他に生活習慣を変えることも大切です。喫煙や飲酒は控えて適度な運動を心がけ、ストレスが溜まりやすい不規則な生活をやめて規則正しい生活にします。塩分とタンパク質は少なめにして、カリウムやリンなどのミネラル、水分も量を制限します。高血圧や脂質代謝、糖質代謝の管理を徹底して、食事で補えない分は薬剤で補うようにします。機能の低下を防ぐためにも、病院での定期的な検診や治療は必要になってきます。