微笑む女医

腎臓病の疑いを晴らしましょう|早期の発見で解消

腎臓の役割と治療法

病院

腎臓は体内の老廃物を排出する働きがあります。腎機能が低下するとその働きが弱まって、むくみが出たり尿の色が変化します。そのような兆候に気づいたらすぐに病院で検査をする必要があります。腎臓病には対症療法と原因療法があります。腎機能の低下を防ぐためには食事療法も大事で、悪化した場合は透析治療が行われます。

詳細へ

腎臓の検査

医者

検査の内容

一般的に腎臓病の検査は尿検査と血液検査です。尿検査は尿の中にタンパク質や血液が混ざっていないかの検査です。腎臓病になると、タンパク質を腎臓でろ過しきれなくなり、タンパク尿が出ます。また、血液も尿中に排泄されるようになります。血尿は微量だと肉眼では気づかない時もあるので、調べる必要があります。血液検査ではクレアチニンと言う数値を調べます。腎臓が悪くなっていくと、クレアチニンの数値が高くなります。腎臓病の自覚症状はハッキリしたものが少なく、気がつかないまま生活をしている方も多くいます。しかし、そのまま生活を続けると腎臓病が徐々に進行していきます。何か心当たりがあれば早めに医療機関に行って検査を行いましょう。

生活で気をつけること

腎臓病の方は、生活の中でいくつか気をつけなければならないことがあります。1、ストレスをためない。ストレスは腎臓に負担がかかるので上手にストレスと付き合っていきましょう。2、規則正しい生活不規則な生活では疲れが溜まりやすくなり、腎臓に負担がかかります。できる限り規則正しい生活をしましょう。3、腎臓病の種類によっては、過度の運動が禁止されます。医師に相談しながら適度な運動を行いましょう。4 、食事に気をつける腎臓病の進行度によって食事内容が変わります。自分で判断せずに、指示通りの食事を目指しましょう。5、薬をきちんと飲む飲み忘れがないように薬を服用しましょう。特に、進行した腎臓病の方は市販薬を勝手に飲まずに、医師や薬剤師に相談しましょう。

腎臓の役目とその病気

笑顔の年配

健康な人でも尿の異常に気付くのはなかなか難しいものです。そこで日ごろから尿や大便の様子によく注意し、排尿の際にはその量や回数を少しだけ意識してみましょう。尿や大便は健康状態を知る手掛かりになり、それが腎臓病予防にもつながるのです。

詳細へ

機能低下を防ぐ

カウンセリング

腎臓病は腎臓の機能が低下する病気で、一度低下した機能は戻らないので悪化を防ぐ治療が必要です。薬物治療や人工透析が基本的な治療ですが、食事制限も日常で必要になってきます。定期的な病院での検診は欠かせません。

詳細へ